ヴァリアントナイツは良作の雰囲気がバリバリ

公開日: 

スマートフォンゲームアプリとしてリリースされて間もないヴァリアントナイツは良作ゲームとしての雰囲気を持っていますね。既に累計ダウンロードが25万件突破とか、たったの10日やそこいらでこの瞬発力は圧倒的じゃないでしょうかね。運営の気合も載っているようで、攻略ガイドを公式ページに用意するなどして、ファンの心をガッチリとキャッチしている感じですが、残念な面もあります。

ちょっと公式ページのトップページに情報を載せすぎな点ですね。いきなりBGMを鳴らすというウェブページではご法度な方法も、ゲームタイトルのページの中には普通に採用していることもあるし、ゲームは良質なBGMが合わされば更に無敵なのも確かなので、この点は問題無いです。でもやっぱり、キャラクター情報をトップページにぎっしりと詰め込むのはどうかなと思うんですよね。キャラクターは別ページに載せてくださいよ。その上で、クリックすることで、そのキャラクターの詳細を表示したり、マウスオーバーすることで表示されるようにしたりとか、方法はあるでしょう。

ただ、もしかしたらですが、最近はアイフォンで見ると、マウスオーバーはちょっとした制限を食らっているような話も聞くため、そういう影響もあるかもしれませんね。そうなると話は違ってくるのですが、アップル社が余計なことをしているということです。アイフォンユーザーのことを考えているのかもしれませんが、他のユーザーとの親和性をアップルにはしっかりと認識してもらいたいですね。自分さえ良ければいいなんてのは子供の理屈ですから、大企業としての矜持を見せてもらいたいです。

話がズレましたが、ヴァリアントナイツは見た目は少し前のテイルズシリーズの雰囲気がありますね。基本的にはオートバトルで、ここぞというときにタップアンドフリックで奥義発動!というパターンのようですね。絵柄がキレイだし、しっかりと練り込んでいけば、かなり注目のタイトルに成長するのではないでしょうか?運営サイドの攻略情報更新にも期待です。

PAGE TOP ↑