白猫プロジェクトの世界は私のゲーム世代に心地良い

公開日:  最終更新日:2015/09/28

社会人になってからはゲームと疎遠になっていて、スマホに機種変更したあともビジネスに役立つものを多く入れていましたが、知り合いに誘われてインストールした白猫プロジェクトでゲームへの情熱に自分の中で再び火がつきました。なんでこんなに面白いのかと思ったら、昔よく遊んでいた3Dアクションゲームと遊び方がよく似ていて、そのころの思い出とリンクしたからかもしれません。最近のリアル志向の洗練されたグラフィックもいいですが、やっぱりゲームを遊ぶならこうしたコミカルなタッチのキャラを動かすほうが私は楽しいです。
白猫プロジェクトの面白さは人と一緒に遊ぶことで繋がりを感じることにあると思いますし、少なくとも私はこのシステムがゲームを続けるモチベーションの半分くらいを占めています。私をこのゲームに誘った友人ももともとは協力プレイの相手を見つける目的だったみたいで、ランク差が縮まってきた今はよく一緒に敵を倒しにいっています。ソロでプレイするよりもこんなにも楽しさが違うものだとは思わなかったので、まだ未攻略の島ががるのにもかかわらずそちらには手をつけなくなり、大勢で一緒にどこかへ行くことに重点を置くのが私の最近のやり方です。
武器ガチャはキャラが満足のいくもので揃えられてから回しても遅くないと聞いていたのでチュートリアル後はほぼやっていなかったけれど、このごろは攻撃力不足を感じて武器もいいものを手に入れたいと考えてキャラよりも優先するようになりました。やっぱり共通して使えるスキルが増えるのは戦力が跳ね上がりますし、見た目的にも豪華で超レアっていう雰囲気を感じられて素晴らしいです。協力でも自分の能力でサクサク敵を倒して進められるようになったから、もっと早く武器にも力を入れていればよかったと思うくらい変化がありました。
このまま中期のプレステっぽい雰囲気を壊さずに白猫プロジェクトが続いてくれるなら、限定のものを手に入れられるくらい課金を頑張って制作会社を応援したいです。

PAGE TOP ↑