ヴァリアントナイツは少し迷走している感じがあります

ヴァリアントナイツは満を持して登場したスマホゲーの王道ロールプレイングゲームなんですが、少し同時期にリリースされているスマホゲームアプリに押され気味であることは否めません。なぜこうなってしまったかというと力の入れ方がズレているほかないからでしょう。

そもそも、壮大なストーリー性をヴァリアントナイツに求めている向きも少なくはないので、アプローチの仕方は悪くはないのですが、如何せん、ズレているとしかいいようがない面があります。だれがあんなに重たい公式ページをチェックしたいと思うのでしょうか。以前から、少し奇抜さを重視していてプレーヤーをないがしろにしているような感じがヒシヒシと伝わってきていましたが、そう感じていたのは私だけではなさそうです。

よくプレイヤーはいろいろなスマホゲームを試していることもあり、比較されたりすることもままあるのですが、ヴァリアントナイツはそれほど評価が高いとはいえないのです。つまり相対的に考えてみると低いと言わざるをえない。なぜこういう差が生まれたのかをしっかりと確認して、軌道修正していかないとすぐにサービス終了になってしまうかもしれません。

独自性は大切ですが、プレイヤーあっての独自性を用意しないとそれはただの傲慢であり、プレイヤーが離れるだけのゲームになってしまいます。つまりは駄作。いいかえるとクソゲーです。ヴァリアントナイツは少なからずそういう雰囲気がそこはかとなく流れているといえるでしょう。とはいっても、現状からの脱却により会心のリカバリーを遂げられる可能性もないわけではありません。私はその可能性に一縷の望みを託しているヴァリアントナイツプレイヤーなのです。

手厳しいことを書き連ねてしまいましたが、これも愛するがゆえのことだと感じ取っていただいて、今よりももっときりきり舞いで励んでいただければこれ幸いです。プレイヤーの心を代弁したかのようになりましたが後悔はしていません。

刀剣乱舞-ONLINE-を効率的に遊ぶために

刀剣乱舞-ONLINE-は好き勝手プレーするのも楽しいスマートフォンのゲームアプリではあるが、自分の中のマイゲームとして時間を大きく割くなら、効率的に遊んだほうがいいかもしれない。好き勝手遊べば遊ぶほど、効率的に刀剣乱舞-ONLINE-をプレーしている人たちと差が広がる一方だからだ。もちろん、ほんの暇つぶし程度に遊んでいるような、かいつまんでいるだけのゲームユーザーなら、気にすることはない。

刀剣乱舞-ONLINE-で効率を考えると避けては通れないのが、刀剣の育成だろう。なるべくレアリティの高い刀剣を手早く鍛えあげる必要がある。そして、重要視するのは攻撃力のみだ。攻撃力は純粋に相手の体力を削るためのダメージソースに繋がるパラメーターだけあって、第一に攻撃力を上げることが効率に繋がるだろう。確かにスキルも重要だが、元となる攻撃力自体が不足していてはそのスキルの良さも活かせないのだ。たとえば、マイク・タイソンのパンチ力があってはじめてピーカブースタイルも活きるといったところだ。

さて、刀剣乱舞-ONLINE-を効率的に遊ぶためにはもう少しスパイスを加えてあげなければならない。刀剣の火力だけを重要視してもそれほどの積み増しはないためです。もちろん、無駄ではない。コツコツとこれらの効率的な要素を積み上げて相乗効果で効率良くなるとイメージして頂ければ幸いだ。もう少しスパイスをお伝えしよう。それが使い手の育成だ。いくら高火力型の刀剣を携えていたとしても、使い手が非力では無意味だ。鍛え上げた刀剣を装備するキャラクター自身も限界まで鍛え上げよう。

その際に注意していただきたい点は、キャラクターひとりのみを一極集中型で鍛えあげないことだ。育成システム上、レベルが上がれば上がるほど、次のレベルアップには多大な経験値を必要とすることが多い。なんとか1レベルアップさせるよりも、均一に他のキャラクターを育てて10レベルアップさせたほうが効率的だということだ。

擬似的な人生ゲームをプレイできる白猫プロジェクト

人生はゲームだと誰かが言っていましたが、まさにその通りです。実際の人生はゲーム内とは違い、死んでしまうとゲームオーバーになってしまう点が異なりますが、お金やコインを貯めて強い武器を買ったり、旅行して違うマップに行くと新しい冒険が待っているという点では同じだと言えるでしょう。

最近、人気を博しているゲームに白猫プロジェクトというものがありますが、このゲームも人生の縮図だといって良いでしょう。まず一人の青年が森の少女と出会うシーンが登場し冒険仲間になることになりますが、これは人生における男女の恋愛と見なすことができるでしょう。また二人の男女を冒険に導く師匠的な存在の人がゲーム初期で現れますが、これは人生における学校の先生と捉えることができるでしょう。

また、人生と同じように白猫プロジェクトのゲームでは難易度を変更が可能な仕様となっています。お金持ちで資産家の子供に生まれて容姿もイケメン美女であれば人生はイージーモードといえますが、生まれた家が裕福でなければお金に苦労することがあるかもしれません。この場合の人生はハードモードといえます。これと同じように白猫プロジェクトでもノーマルのレベルのクエストを完了すると、少しモンスターが強くなるハードモードをプレイできるようになります。せっかくモンスターが現れても簡単に一撃で倒せてしまったら面白みを感じないという人も多いはずです。

もちろんガチャなどでジュエルを大量に購入し、5連ガチャや10連ガチャでレアアイテムをゲットし、その超強力な武器でモンスターを次々と討伐していくことを喜びと感じる人もいますので一概には言えませんが、やはり相手を倒すか自分がヤラれるかの汗握る戦いこそがアクションRPGの醍醐味といえるのです。

他にも白猫プロジェクトでは、イベントクエストと呼ばれる期間が定められているクエストもプレイできます。時間に余裕がある場合は、このイベントで建物を手に入れたり、サブミッションをこなしていくと良いでしょう。

どちらに転ぶかわからないヴァリアントナイツ

ヴァリアントナイツは株式会社サイバードが提供するスマホゲームで、2015年9月3日にサービスが開始されています。60人以上も声優を起用する豪華さが話題を呼び、わずか開始5日間で25万ダウンロードを記録しました。公式のtwitterのフォロワー数も10月下旬の時点で既に4万人と大人気。
ゲームのジャンルは王道ファンタジーなので、このジャンルが苦手な人でなければ楽しめると思います。ただ、すこし穿った見かたをすれば腐る程数多くのゲームがあるジャンルなので、その中で生き残れるかどうかはこれからの運営次第ともいえます。最近の業界を見るとあっという間にサービス終了するスマホゲームが増えてきているのは一目瞭然で、スタートが良かったから安泰とはとても言えない状態です。
以前は少ない資金で簡単に参戦でき、しかも当たればデカいというのがスマホゲームでしたが、クオリティが高いゲームが増えてきた事もあり、お手軽に作ったり運営がいい加減だったりするとあっという間に淘汰される様になってきました。
そんな中でのサービス開始なので、ヴァリアントナイツがどう発展していくのか、あるいはこけるのか、楽しみなところではあります。といいますのも、開始早々ですが既に良いところと悪いところが顕著になっているからです。
まず良いところから挙げますと、綺麗なグラフィック、よく喋るキャラクター、マルチプレイも可能。そして個人的には一番のポイントだと思うのがスタミナの縛りが無い点。殆どのスマホゲームがスタミナで縛られ、回復待ちを強いられますがヴァリアントナイツにはそれがありません。コンシューマーゲームの様に時間が許す限りプレイし続ける事が可能です。
次に悪い部分ですが、マルチプレイをするととにかく重く処理落ちだらけ。スマホ本体への負荷も酷く、あっという間に熱々になることも。ロードが物凄く長いこともあり長時間プレイするには向いてないと感じさせます。せっかくスタミナ縛りが無いのに残念と言わざるを得ません。
正直まだ安定していないなというのが感想です。これから長く続くゲームとなるか、あるいはその逆か。どちらの可能性も感じさせられる現状です。

ヴァリアントナイツでそれなりにおすすめなキャラ

ヴァリアントナイツでそれなりにおすすめなキャラクターを挙げておきます。参考までに聞いてもらえたらなと考えております。第一のおすすめはマーマーレッドブルです。槍や斧の使い手ですね。お気付きの通りここでは意外と入手しやすいであろう☆4のキャラクターをおすすめします。マーマーレッドブルは火属性の槍と斧の使い手で、立ち振舞やスキル構成からいってなかなか頼りになるナイスガイといえるでしょう。まさに兄貴分といったところで、パーティーにいると耐久力と安定感をもたらせます。

火属性の☆4でおすすめのキャラクターはマーマーレッドブルだけではありません。もうひとりおすすめのキャラクターとしてティナを挙げておきます。これは某ファイナルファンタジーシリーズに登場する緑の髪の魔導少女を彷彿させるからです。新作のスマホゲー用のファイナルファンタジーシリーズに魔導アーマーのティナをβテストや会員登録の記念としてもらえますがもらいましたか?そんな感じでティナをおすすめします。狙ってかどうか分かりませんが、ヴァリアントナイツのティナも魔道具や杖の使い手ですね。絶対意識的に用意しているだろうといわざるとえませんが、そこは大人の雰囲気でスルーしてあげましょう。

あとはアイリス=アルテシアです。非常に堅牢な防御力を持つグッドファイターといったところで、主に盾を中心としてパーティーの花形的存在になってくれるでしょう。アイリス=アルテシアがパーティにいるのといないのとでは、全体の耐久力自体の次元そのものが違います。テンシンハンみたいな感じですね。ヴァリアントナイツに不慣れな人は是非ともアイリス=アルテシアをひとり入れておきましょう。

最後はフロスト=クラハドールです。こいつは爽快感があるキャラクターでおもに短剣を用いて敵を翻弄します。きりきり舞い的な扱いでパーティーのワンポイントとして起用すれば非常に深みが増すのではないでしょうか。

仲間と協力プレイが楽しい王道ファンタジー

最近では、スマホの解像度も高くなってきているためグラフィックの綺麗なゲームが楽しめるようになりました。昔懐かしいコンシューマーゲーム機のゲームが移植されてスマホアプリになる事がありますが、それらのゲームよりもグラフィックが強化された楽しめるゲームが多いのです。

特にRPGタイプのゲームは、同じようなフィールドを長時間眺めることになるのでグラフィックが綺麗であるかは、ゲームの楽しさに直結してくる部分です。ファンタジー系のRPGで流行っているヴァリアントナイツも綺麗なグラフィックで話題になりました。

光や氷、闇の三大陸を巡って奥深いストーリーを楽しむ事ができますが、内容はオーソドックスなファンタジーであるため様々なスキルを獲得するために経験値をあっぷさせて、最終奥義となるアルテマブレイクを発動させるのが楽しみの一つです。

雑魚キャラの出現が多いゲームとなるので、早めにスキルを高めていき、仲間と連動してアルテマブレイクを発動させる必要があります。

逆に、ある程度のレベルに達するとバッサバッサと敵をなぎ倒すことができる爽快感を楽しむことができます。

ヴァリアントナイツは、5大精霊により世界が創造されており、そこに人間の存在価値を見つけていくストーリーです。闇の世界に覆い尽くされるときに人間が何ができるか問われているのです。

この背景にあるのは、協力プレイでストーリーを攻略していくという前提があります。課金アイテムもありますが、使わなくてもそれなりに楽しめるし、地道にレベルアップを繰り返せばレアアイテムをゲットする事も可能です。

このように、仲間たちと冒険をしながらオートスキルや、アクティブスキルを鍛錬していき、強力な攻撃を繰り出せるように試行錯誤する楽しみがあります。

ヴァリアントナイツは、ゲージが溜まってくると奥義を発動することが可能になります。このゲージが溜まるまでストレスのあるバトルとなりますが、奥義の発動で一気に形勢が逆転する楽しさがあります。

サブクエストを適度にこなしていく

スマホアプリで楽しむゲームが多くなってきましたが、ゲームを選ぶ時には課金ゲームであるのか?あたりを考慮しながら選ぶようにしています。

課金ゲームであっても、それなりに楽しみが継続できるゲームがいくつもあるため、話題のゲームならある程度課金しても楽しめるのです。しかし、基本無料のゲームでもそれなりに楽しみを維持することができるゲームが豊富にあるため、あえて課金ゲームを選ぶ必要は無いのです。

ただ、ゲームの途中でアイテムをゲットした方が有利にゲームを進めていくことができるのであれば、多少の課金はありだと考えます。

特にRPGでは、長期にわたってゲームのストーリーを追いかけていく事になるので、最初の段階である程度の課金をして楽な状態にしておくというのは大事になります。

レベルアップの為に、何時間も費やして足踏みをするのを楽しむ事もできるのですが、やはりある程度のストーリーまでは早めに動かして、それなりの装備とレベルまで到達することができてから本番が開始となります。

ヴァリアントナイツは、本格ファンタジーRPGとしてユーザー数が軒並み上昇傾向にありますが、その魅力は奥深いストーリーになっています。

スマホゲームのRPGは、ガチャでレアアイテムをゲットし、どれだけレベルを高めることができるかに注目されがちですが、ヴァリアントナイツはしっかりしたストーリーの中で楽しむことができるのです。

派手なバトルを勝ち続けていくためにはメインストーリーだけを進んでいくのではなく、サブクエストをいくつもこなしていき装備を調えるための資金を集める必要があります。

それと同時に、スキルが高くなってくると奥義を繰り出せるようになるので、この状態までキャラを強くしていかないとボス戦で苦労することになります。

ヴァリアントナイツの醍醐味は、チームメンバーの奥義が発動可能な状態になると超強力なアルテマブレイクが発動するのです。この連携が難易度の高い敵を撃破できるポイントになるのです。

曲のレベルが高めでゲームの方も期待が持てる

ヴァリアントナイツのサイトに行くと驚きました。何がかというと曲(歌)が流れだすんですね。他のスマホゲームのサイトではこういう事はあんまり無いかなと思います。それで、その曲の印象なんですけど、なかなかスピード感があってよろしいのではないでしょうか。テレビアニメなんかでもそうですけど、オープニングが好きだからという理由で見ている人は多いものです。なので、ゲームの方でもそれを参考にして取り入れてみてはという感じがします。この作品に関して言えば、非常に上手に活かしているなという印象です。ユーチューブに行ったらPVもありましたので、興味が湧いたという方はそちらの方もチェックしておくと良いでしょう。

9月の初め頃に配信開始となったため、まだかなり新しいゲームという事になります。今までの様なゲームですと完成してからユーザーに行き届くまでには時間がかかったのですが、ダウンロードが前提ですから、その期間が短縮されています。これなんかは非常にありがたいですね。もし何らかの問題が発生したとしても、それに対する対応も早くなる訳で、制作サイドと利用者双方にとって好ましい環境と言えなくもありません。

このヴァリアントナイツなんですが、副題として光と闇の覚醒と書かれています。この辺りのセンスというのは中々の物ですね。ついつい横文字だけでOKの様に思えますが、この様に漢字を組合わせる事によって作品全体の重厚感を演出する事に成功していると思います。

ヴァリアントナイツのキャラクターの中でこれはと思うのはエリザフランチェスカですね。どこが良かったのかというとルックスがという事になるのですが、そういう単純な部分こそがキャラの魅力の1番重要な所ではないかと思います。男女の人数ですけど、偏りが無い感じですね。クセがあるのでは無くて、万人受けする様なデザインなので、そういう面でも良いなぁと思います。少なくとも平均点は軽く越えていますね。

ヴァリアントナイツはそれぞのキャラが持てる武器が良い

ヴァリアントナイツが良いところは、それぞれのキャラクターの武器というものが違うところです。それぞれに武器が違うからこそ、そのキャラを選べるところが面白いのです。

ヴァリアントナイツの主なキャラクターには、マーマやアッシュ、マソール、バーン、セレン、オラール、ティナなどの魅惑的なキャラクターがたくさんいます。そのキャラには、それぞれに楽しい武器を持てるのが魅力的です。

マーマには長くて鋭く切れる槍と頑丈で太いものまでサクサク切れる斧が、アッシュは格闘が大の得意で槍まで操れます。マソールはどんな武器をも通さない格好良い盾に短剣を持っています。バーンは魅惑的な杖と魔道具を操ってしまいます。

セレンは短剣と弓をバッサバッサと操ります。ティナも魔道具と杖を、グランは槍を操れます。アメリアは弓と短剣を、ビリーは格闘と斧が得意です。

これらのキャラによって、いかに自分に合うアクションができるかを考えながら戦うのが面白いゲームです。

このゲームには、水属性キャラもいます。アマンダは弓と槍を、フロストは格闘や短剣を、クラリスは槍と弓を得意としています。

このヴァリアントナイツには魅力的な光属性や森属性、闇属性などもあり、それぞれに個性を光らせます。

このゲームでは、とにかく叩いてモンスターをやっつけるのが楽しいものです。どこから、どのように連打して叩けるかを考えながらプレイするのが面白いところです。

それに、そんなメインの音楽が、光と闇の錯醒という音楽です。そんな音楽がとっても素敵で、ますますこのゲームの虜になりそうなのです。ファンタジー炸裂のロールプレイングゲームならではのファンタスティックな音楽と背景に、とってもハマるのです。

ゲームでは、命中率を高めるのも面白いところです。クリティカルや攻撃力を高め、より楽しくプレイをすればいいのです。

もっと楽しいのが、ハイドロスマッシュやアクアセイバー、聖水ハイドロプレードを高められるところです。

ヴァリアントナイツこそ最近の話題作です

ヴァリアントナイツは、最近のスマートフォンのゲームアプリで話題作になっているのではないでしょうか。それは公式サイトにアクセスするだけで、運営と開発陣の本気度が伝わってくることからも熱量が違うため、だれでも感じ取れて火を見るよりも明らかです。

分かりやすくも今風のキャラクターデザインを施されたプレイキャラクターたちが、ド派手なアクションでストーリーを追っていくという王道的なロールプレイングゲームです。プレーしてみると、その良質なリアルタイムバトルアクションに度肝を抜かれました。基本はオートバトルシステムなのですが、ここぞという洋書では、フリック操作でスキル発動して戦いを有利な展開に持ち込むことが可能です。

バトルはオートで展開されているので、プレイヤーはさながらスポーツでいうところの監督業のようなものでしょうか。勝機を見逃さず、ここだというタイミングでフリックして一気に形成を有利な状況へ導き出すというワクワク感がたまりません。加えて、基本的には他のスマートフォンゲームと同じように、ソロプレイを中心に遊ぶこともできるのですが、最大4人まで参加可能なマルチプレイこそ真骨頂だといえるでしょう。

さすがに、ソロプレイでは攻略がむずかしいボスなどを相手には、数多のプレイヤーが集って攻略するしかありません。友達同士で寄り添い合って遊ぶのもいいですが、見知らぬ人と野良パーティーを組んで一期一会を楽しむのも良いかもしれませんね。見知らぬ人とヴァリアントナイツをプレーして勝てるのかよと思われるかもしれませんが、それでも動かしているのは人です。さらに、マルチプレイでお互いが期待あげたパーティーの実力が単純にプラスされるだけでも大きな戦力です。居眠りしててもオートバトルで進むことを考えたら、単純に戦力としては大きなプラスとなるでしょう。ヴァリアントナイツに正式に実装されているチャットシステムであるスタンプチャットで連携してみてください。

1 2 3 4
PAGE TOP ↑